スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A47完成!!
Wed.13.08.2008 Posted in 電子工作
A47完成しましたぁ。
一部、司 浩さんの低電圧回路を参考にさせていただきました。(高調波フィルタ部分)
この場を借りてお礼申し上げます。

まず、初期構成から行ってみよう。
分圧ボルテージフォロア NJM4580
利得段           NJM4580
バッファ段 NJM4580


オール4580www

とにかく第一印象。
ブレッドボードと同じようにドンシャリ。けれども高音が微妙に落ち着いた。
ただ、単発よりはずいぶんマシで、全体的に聞きやすくなった気がする。

はい次、組み合わせその1。
分圧は以後変更なし。
利得段   NJM4580
バッファ段 AD8397

第一印象
オール4580よりかなりフラット。音の広がりもまあまあ。
ただ、好みの音としては低音がおとなしすぎる。(MUSEKZ入れてるのになあ)
高音は、、、ヘッドホンがオーテクのATH-A500なのでもはや同じように聞こえる。
モニター用のヘッドホンが欲しいと思う今日この頃。

次、一番厄介だと思われるCMOS-OPampのNJU7096Dをつかったやつ。

利得段 NJU7096D
バッファ段 上と同様

第一印象
うん、発振しない。(ほかのアンプでは発振した)
それほど不自然でもなく割りといける。
けれどもボリュームをあげるとすぐクリップする。
しかし、このオペアンプは±1Vからという駆動電圧だけを見ると優等生。
好みとしてはまったく正反対のあっさり軽い音質。
初代ネットワークウォークマンの音と酷似していると耳は判断している。

そして衝撃だった組み合わせがこれ。

利得段 AD823
バッファ段 AD8397

なんと823の片側が死んでいるΣ(TθT)
片側だけで判断すると自分の好みにかなり近い。

今まで買ってきた石の中で一番高かったのに。。。(@700yen)
こんどサンエレで買ってこよう。

とりあえず今日はこんなもんで済ましました。
次回もお楽しみに~~~
スポンサーサイト

« A47その2 | Home | 分圧ができていなかった理由 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。